The “One and Only” International Music Market in Japan!
 

ニュース

LINEで送る

["Why TIMM?" スペシャル・インタビュー3]
SXSW(サウスバイサウスウエスト)
日本事務局 セールス・リプレゼンタティブ・オードリー木村氏

2015.09.07

Q1. 自己紹介をお願いします。

A1. 米国テキサス州オースティンで毎年3月に開催している世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW」(サウスバイサウスウエスト)の日本事務局にて、SXSWのプロモーションとセールスを行っています。


Q2. TIMMへの参加は何回目ですか?

A2. 今までに4回参加させていただきました。


Q3. 参加しようと思った理由は何ですか?

A3. SXSW Music Festivalのプロモーションのため、参加しようと思いました。


Q4. SXSWはアメリカのイベントですが、アメリカなど欧米諸国からTIMMに参加される方は多かったですか?

A4. 欧米からの参加者ももちろん多くいましたが、ヨーロッパのバイヤーの方がアメリカより多いと思いました。


Q5. 日本の業界関係者と良いネットワークを作ることはできましたか? また、具体的なビジネスにはつながりましたか?

A5. TIMMを通じてアジア(韓国、台湾)の方々とつながりました。この出会いがきっかけで、韓国のアプリの会社にJapan Nite(1996年からSXSWで続く、日本のアーティストをフィーチャーした音楽イベント)アプリを作っていただいたり、多くの方にSXSWに来て頂いたりしました。


Q6. TIMM以外の見本市に参加されることはありますか?

A6. はい。アメリカのSXSWにはもちろん参加しています。


Q7. TIMM以外の見本市に参加して気付くことはありますか?

A7. SXSWの場合、アーティスト自身がブースを出展してプロモーションしているのがTIMMとは異なる特徴です。


Q8. 日本の音楽市場、アーティストの魅力を教えてください。

A8. 良い意味で世界の流行に迎合しない、個性的なアーティストと幅広い音楽性が魅力だと思います。


Q9. 今年も参加される予定ですか?また、今後のTIMMに期待することは何ですか?

A9. はい、今年も参加させていただきます。さらに多くの国からのバイヤーと、インディーズのアーティストがもっとライブやブース出展に参加できる機会を作っていただきたいです。