The “One and Only” International Music Market in Japan!
 

ニュース

LINEで送る

Why TIMM? Special Interview #1

2016.08.23



1. 自己紹介をお願いします。

ジョン・パントルと申します。
私はロサンゼルスのビバリーヒルズにあるAgency for the Performing Arts というアーティスト・マネジメントの会社で、Vice President を務めています。私たちはマネジメントに関わる業務を総合的に請け負っている会社で、この業界において、芸術の国際的な発展を信じて業務を行っています。


2. TIMMで実際のビジネスにつながって事例を教えてください。

私たちは幸運なことに SEKAI NO OWARI のライブをTIMMで拝見することができ、それがきっかけで彼らの日本以外でのライブツアーの窓口を担当させていただいております。


3. あなたにとって日本の音楽市場、アーティストの魅力は何ですか?

日本は、創造性豊かで素晴らしい歌のある、優れたマーケットです。私たちはTIMMを通してたくさんの友人を作ることができました。今後も、日本という国と、日本のアーティストの皆様とともに良い関係を築いていくことを楽しみにしています。


4. 今後、日本の音楽やアーティストで、どのようなビジネスを展開していく予定ですか?

私たちは、これまでにワールドツアーの企画や、Coachellaといったライブフェスへのブッキングを多く行ってきました。引き続き、グローバルな展開を図るべく、邁進していきたいと思います。


5. 今年のTIMMは渋谷を中心に開催されます。今回、どのようなことを期待しますか?

まだ今年の出演アーティストが公開されていないので、何とも言えませんが、昨年拝見したアーティストの面々は素晴らしかったです。


6. 今後の予定や、ウェブサイトのリンク等がありましたら、教えてください。

Agency fot the Performing Arts オフィシャルサイト