The “One and Only” International Music Market in Japan!
 

ニュース

LINEで送る

Why TIMM? Special Interview #2

2016.09.14



Q1. 自己紹介をお願いします。

A.1 ブルバード株式会社の太田 淳と申します。映画の配給会社とレコード会社を経て、一昨年、当社を設立いたしました。音楽、アニメ、ゲーム等のコンテンツの海外展開や、それらの企画、制作を総合的に請け負っております。


Q.2 TIMMで実際のビジネスにつながった事例を教えてください。

A.2 TIMMに出会うことがなければ、私は会社を立ち上げることもなかったと思うくらい、TIMMは私にとって意味のあるイベントです。TIMMには前職時代の2009年から毎年お伺いしていますが、原盤ライセンスの契約を結んだり、海外フェスの出演を決めたりと、多くのビジネスにつながっています。


Q.3 あなたにとって日本の音楽市場、アーティストの魅力は何ですか?

A.3 日本の音楽は、現在海外に広く受け入れられているとは言い難いですが、非常に熱狂的なファンコミュニティが世界中に存在します。そのようなファンに向けて音楽を届け、ビジネスを作りあげていくことは、業界で働く者としての魅力です。また、世界第2位である日本の音楽市場と海外をつなぎ、交流を図っていくことは、文化の発展という意味で大切なことと考えています。


Q.4 今後、日本の音楽やアーティストでどのようなビジネス展開をしていく予定ですか?

A.4 引き続き、日本にいる素晴らしいアーティストやレーベルの皆様と、商品展開、イベント、ライブ等、総合的に海外展開を図れるよう、サポートさせていただきたいと思います。
また、アニメやゲーム等、他業界との連携も積極的に図っていきたいと考えています。


Q.5 今年のTIMMは渋谷を中心に開催されます。今回どのようなことを期待しますか?

A.5 渋谷は、私にとって青年期から馴染みの深い街です。また音楽にとっては流行の発信地です。
この業界の方にとっても一番足を運びやすい場所ではないでしょうか。国内外を問わず、音楽業界のキーパーソンが一堂に会する貴重な機会なので、是非ビジネスの可能性を広げに多くの方にご来場いただきたいと思います。私も、より多くの方に出会い、ビジネスを創出していきたいと思っています。


Q.6 今後の予定やウェブサイトのリンク等がありましたら、教えてください。

A.7 この10月、当社は3年目を迎えます。TIMMではこれまでも様々な貴重な出会いをいただきましたが、また今年、よりご縁があることを願っております。何かご一緒できることがありましたら、お気軽にご連絡を頂戴できますと幸いです。

Boulevard株式会社 オフィシャルサイトはこちら